出会った女性を自然に口説くには?口説かれていると思わせない、察知させない方法とは?

男性は出会った女性を口説くとき、どんな方法で行こうか考えますよね。どうしたら嫌われずに、自然に口説くことができるのか。やりすぎると逃げられるし、控えめすぎても振り向いてもらえない。

そこで女性の私が男性にしてほしい口説き方をご紹介したいと思います。

まず女性は積極的に大胆に口説かれることを嫌います。口説かれていると思わせてはだめだと思います。あくまでも口説いてませんよというスタイルから入るべきです。

女性は面白い男性が好きです。話が楽しくてついついききいってしまったり、自分の話もどんどんしたくなっていきます。もっとこの人と話したい、話を聞きたいと思わせるのがベストです。

一概に面白い人が好きと言ってもいったいどんな風にすればいいのかですよね。それはその女性によっても違うので何とも言えませんが、女性が好きそうな話を面白おかしく話すことです。

馬鹿にしたように話すのではなく、時々相手の女性も会話の中に入れながら話すのがいいです。芸人の方でも顔はいまいちでも喋りがうまいとものすごくモテますよね。

喋りがうまいということはすごく得なことです。面白くないことを淡々と話していてもつまらないです。

良くいる嫌われるタイプが、インテリ系ぶった男性です。賢さをアピールし、自分のIQ自慢とかをしちゃう人です。その場では女性もいい感じの反応をするかもしれませんが、内心は嫌な気持ちでいっぱいです。

女性は思っている以上に、出会った男性に能力は求めていません。いかに自分を楽しませてくれるかを求めているのです。変なスキルなどはいらないので面白い話をたくさんしてください。

下ネタは絶対にやめてください。面白くないし、女性は完全に引きます。慣れてきたら小出ししてもいいですが、あまり面白くはないのでやめておきましょう。

芸人さんのような喋りは難しくても、相手を楽しませようという強い気持ちを持っていれば何とかなると思います。相手を思いやって話を進めていきましょう。

出会った女性を意識しすぎてカッコつけすぎてしまうと心を閉ざしているように見えてうまくコミュニケーションが進まない

出会った女性の口説き方について学ぼうとしたとき、最もやりがちな間違いが3つあります。

1つ目は、出会った「女性」を意識しすぎること。
女性だって同じ言葉を話す人間です、はりきっていいところを見せようとすると、後が苦しくなるだけなんです。
まず、落ち着いて、それからです。

2つ目はシモネタを意識しすぎること。
初対面でいきなりシモネタ連発は引きます。でも、意識しすぎて会話が無くなるのもこまったものです。大体のシモネタは面白ければ許されるので、意識しすぎないようにしましょう。

3つ目は、気に入られようと本心を隠すこと。
男はかっこつける生き物です。特に女性の前では、最大限にかっこつけます。それはいいのですが、やりすぎるとただのウソになってしまいます。 体温のこもったコミュニケーションをとることは不可能でしょう。

嫌われたってかまわないという気持ちで、あなたの本当に好きなこと、価値観、野望などを話してみましょう。

以上3点が陥りやすい間違いです。一言にまとめるのなら「心を開け」となります。 

女性だからってコミュニケーションに大きな変化はありません、口説くというのはコミュニケーションの延長線上にあるものです。
人と人のコミュニケーションで、本心で話すこと以上の良策はないのです。包み隠さず、自分がどんな人間で、何が好きで、何が嫌いなのか話しましょう。

心を開けば、きっと相手も心を開いてくれるはずです。
もし、こっちが心を開いても、出会った相手の心が開かないとき。そんなときはちょっと考えるときです。

ただ、口下手なのかもしれませんが、そんな場合は大体望みが薄いときです。

こっちは本心を話して、心を開いているのにフェアじゃないと感じるかもしれません。でも、人間が心を開かないのは、傷つくのを恐れているからです。こっちの心を開いて、自分が無害であるということが伝われば、大抵のコミュニケーションは上手くいきます。

人と人、男と女のカップリングには正解もルールもありません。タイミングやご縁で決まっていくものです。難しいことは考えずに、ひたすら心を開いて話すこと以上の策はないのです。

薄暗いバーなどムードの良い場所で異性と出会うのが一番早くて確実。口説きは言葉選びよりも雰囲気が大事

誰しも一度は「女性にモテたい」との感情を持つことがあると思いますが、私も沢山の女性にモテたいです。(笑)

勿論、自分自身の魅力を向上させることは当たり前ですが、女性を恋に落とす確率をグンと上げる口説きもありますのでお伝えいたします。

まぁ、ただ今回紹介する口説き方は全て、私の経験談となりますので、必ず効果があるかは、正直不透明ですが、参考にしていただければと思います!

また顔に自信がない、口下手だったとしても、これから紹介する口説き方を理解して実行していただければ嬉しいです。

まず何と言ってもロマンチックなムードの演出が必要不可欠。

よく「女性を口説く時にどのような言葉で話しかけるの?」と聞かれることもありますが、私の経験論から言うと万人受けする口説き文句は存在しないような気がします。

勿論、言葉も大事ですが、それよりも大事なのが「ムード作り」です!

ですので、最初は雰囲気の良い場所を探すことから始めてみましょう。

「ムード作り」に適した場所と言えば、薄暗いバーや、夜景が見えるレストランなどが挙げられるでしょう。

というか、こうした雰囲気の良い場所で異性と出会うのが一番早くて確実ですね。

次に大切になるのが、相手の警戒心を解くということ!

女性との2人きりで初めて食事をする時は、女性がまだ緊張して、自分に対して警戒している可能性もありますので、その状況を打破することが必要です。

レディファーストで女性を特別扱いしながら、優しさを見せ付けつつ、冗談を言うなど、警戒心を解くなど簡単なことでいいですので、コツコツと女性の警戒心を解いていきましょう。

このステップでだけでも、かなり良い感じで話が進んでいるのではないでしょうか。

あとは女性の目を見ながら、自分自身の“素”を見せながらも男性としての強さを寛容の大きなところを見せればいいのではないでしょうか。

少し投げやりになってしまいますが、慣れという部分も必ず存在しますので、自分自身に自信を持って、沢山の女性を口説いてくださいね!

最後になりますが、共通点を見つければ、更に難易度ガクンと下がりますので、まずは趣味の話からスタートするのが、良いかもしれません!

それでは皆様頑張って下さい!

出会ったときは男らしい印象で、大切にしてもらえるんだろうなぁと思って付き合った彼氏がカバンを持ってくれなかった

男は女を守らなきゃいけないみたいなことをずっと言ってて逞しいなぁ。

出会ったときは男らしい印象で、大切にしてもらえるんだろうなぁと思って付き合った彼氏。付き合って5回目のデートで一緒におうちでご飯を食べようっていう話になった。一緒に買い物に出かけたのにスーパーについてもカゴさえ持ってくれない。

それなのにどんどんカゴに食材を入れていく彼。まぁ最初はそんな重くない物だったからいいかって思ってたけど、ペットボトルや紙パックのジュースまで入れていく始末。

それはないんじゃない?と思いながら「重いから持って」って言ったら「恥ずかしいから嫌だ」って。

何言ってんの?スーパーだよ?カゴだよ?私片手にバッグ持ってるんだよ?

結局持ってくれることもなくレジに並ぶのも私。支払いは割り勘。

あのー、あなたしか飲まないジュースとかまで私が払うのですか?

袋に食材を詰める時も手伝うそぶりさえ見せず黙って立ってる。
「手伝ってくれないんだ?」って言ったら「そういうの苦手だから」って。

あのね、袋にただ入れるのに得意も苦手もあるのかよ?隣の小学生だってママの手伝いして詰めてるよ。

帰り道荷物を持つのも私。
もうこうなったら一切手伝ってもらわないと思ったけど、買った2リットルのペットボトルと牛乳サイズのパックが重すぎる。

なんで私飲むわけでもないのにこんなん持って歩かなきゃいけないんだろう。この人の美学ってなんだんだろう

って思ったら、どんどん悲しくなってきて全てが嫌になってきた。そんな私の様子なんて気にすることなく話をしている彼。

帰り道カップルとすれ違った。
彼氏が彼女のカバンと買い物したショッピングバッグを持って歩いてる。

「あーあういう男嫌だよな。よくあんな女のいいなりになってもの持ってダッセー」

その瞬間
「お前の方がだっせーよ。あっちの人だって何、女に買い物したもの持たせて男手ぶらで歩いてるんだよって思ってるよ」
と荷物を彼にぶつけて帰った私。

それから何度か連絡がきたけど着信拒否してさよなら。

男性のみなさん、カバンまでとは言わないけど重いものは持ってあげましょう。
こんな男にならないように。

出会い系で出会った50代の未婚男性は、当時19歳だった私から見て実年齢より10歳若く感じた

出会い系で出会った50代の男性について。

初めて出会った感想は実年齢より10歳若く感じました。未婚とのことでしたので本人いわく、収入に関する不安や子育てなどの悩みはないからとのことでした。

確かに既婚の男性より考え方・服装も若く感じられました。たとえば、世のお父さん方が良く着るもこもこしたダウンベストがありますが、ああいった服はいかにも「おじさん」という感じで着たくないと言っていました。

ダウンベストがダサいわけではなく、異様にモコモコしたダウンベストはオッサンくさいということですね。

当時19歳であった私の考えと一緒だったので、話が合いました。また生まれがお互い田舎のため、60代~70代くらいの方が被る作業用帽子のままスーパーなどの店に行く光景を目にしますが、あの行動もあり得ないとお互い意見が一致しました。

気さくで話しやすかったため、意気投合したかに思えました。しばらくしてある程度会話が弾み、悩みを相談する話になりました。私の悩みは両親のことについてでした。

「こうでなければならない」と昔から口うるさく言い出す父に、私は何が正しいのか自分で判断することが困難な状態になっていました。また、母は極度の心配性で、私が県外へ友達と旅行に行くと言っても「いつ、どこで、だれと、近場ではだめなのか」等、誘導尋問なみに問いただされることに、苦痛を感じていました。

そういった悩みを打ち明けると、彼は「そんな親はダメだ。良くない。おかしい。」と私の親を否定しました。確かに自分の親は変だと私自身も思いますが、会って初めての人に、会ったこともない私の親について暴言じみた返答は、不快でしかありませんでした。

たとえば、そうなった原因を聞くだとか、こうしたら良いのではないかと助言をくれると安心しますが、なぜ原因を聞いていないのに急におかしいと言い出すのか理解できませんでした。

男性に限ったことではありませんが、相談に関して真っ先に否定する人については他者に好かれることは少ないです。会話が途切れてしまうほかに自身が否定された気持ちになるからです。相手は何を話したいのか。何を聞いてほしいのか。難しいですがもうちょっと言葉を選んで会話してほしいなと思いました。

食事の場所も、デートのプランも、温泉の予約も彼女に任せっきりな男性はただ面倒なだけ 出会いは一人に絞らず同時並行で

最近の男性は、「人任せ」な人が多すぎるような気がします。
食事の場所も、デートのプランも、温泉の予約も彼女に任せっきり・・・なんて男性は多いんじゃないでしょうか?

「彼女の好きなことを選ばせたい」という理由なのかもしれませんが、それって本当に彼女の事を考えて言っているんでしょうか?
ただ面倒なだけだと思えてならないんですが。

私は一度、そんな人任せな彼氏と付き合っていたことがありますが、一緒にいて本当につまらないんですよね。

一番最悪な思い出は、自分の誕生日を祝うディナーの場所を自分で決めたこと。
今思い出してもうんざりするような彼氏でしたね。

最近は「草食系男子」なんていうのが流行っていますよね。
この人たち、男として存在する意味があるんでしょうか?

世の中の男らしい男性はどこに行っちゃったんでしょう・・・。
ちょっと前までは、若い人は合コンを自分たちでセッティングして、自分たちで出会いの場を作っていましたけど、今は、結婚相手すら他人が提供する人の中から選ぶ始末。

なんだか、誰かに飼われているペットみたいですよね。

という理由から、私は若い男性が嫌いです。
一緒にいてもつまらないから。

大好物はアラフォー世代。

ただ、その年代でイイ男って、ほぼ既婚者なんですよね。
私は結婚願望が全くないので問題ないんですが、相手の男性の方が私に本気になられたときは困りますね。
「妻と別れるから・・・」的なことを匂わせようものなら、私は即逃げます。

せっかくのお楽しみが、結婚なんかしたらただの苦痛になっちゃうじゃないですか。
男って、何で女を縛りつけようとするんでしょう?

まぁ、束縛されたがる女がいることも事実ですが。

それから、結婚してるのにやきもちを焼いてくる男性も多いですね。
私は、お互いの生活があるのだから、一緒に過ごしていないときはお互い自由でいいと思っています。

だから、私は一人に絞らない。

一人に絞ると、辛くなっちゃいますから。
一人に会えなくても、他がいるって思えば寂しくないですしね。

はっきり言って、私はゲスですが、そのくらいじゃないと人生楽しめないですよ。
結局もてる人っていうのは、自分のことが大好きな人なんだと思います。

「出会いが欲しい」と口では言うのに本当は結婚願望がなさそうな男は、結婚への不安とメリットの無さをうじうじ考える

現在30歳の既婚女性です。最近の男性を見ていて、そんなんで本当に結婚願望あるのかなと思う事がよくあります。

彼らは「出会いが欲しい」と言いますが、実際のところ、その出会いを結婚に結びつける気は無いように思えます。

同じ会社の男性達を見ていて、彼女に振られる共通点は皆同じ「女性に何のメリットもない付き合い」もしくは「何のメリットもなさそう」だと思われる行動をしている事です。

例えば、すごく好きな子がいるのにその子に全然連絡をしない、そして少ない連絡でやっとご飯を行く約束を取り付けたのに、ご飯は予約せずに行き、連れ回して、最終的に割り勘など、突っ込みどころ満載です。

また、付き合ったとしても、忙しくてなかなか会えない中でも彼女は付き合いを続けているのに「結婚への不安」を1人でずっとうじうじ考え、プロポーズしません。最近の女性は、まず他からもアプローチのある女性や1人でも稼げる能力がある女性はわざわざ我慢してまで頼りない男性に寄り添う事はしません。

たとえ、忙しいとか低収入などの悪い点があったとしても、自分を大切にしてくれるかも、この人となら家族を作りたいという思いが付き合い、または結婚へと突き動かすのです。

女性は、子供を育てる期間があるので、「自分を大切にしてくれる」人がその先にある「子供を大切にしてくれ、安心して家族を形成できる」と思うのでそういう人が好きです。

連絡をしたり、記念日などを大切にお祝いしたりする事はとても大切な事です。よく、結婚したいくせに振られると文句ばかり言っている男性がいますが、そういう男性に限って「男性は結婚に何のメリットもない」などと言ってますが、そういう男性に対してメリットがないのは女性も同じです。

収入が少なければ「あなたの事が好きです」という心意気を見せ、せめて家事くらいはできるようになりましょう。また、現代では先に結婚した友人などの「共働きなのに家事はほとんど女性」の不満も知っているので、そういう苦労しそうな人は外します。

自分の視点からではなく、是非女性側に立って見て欲しいです。また、それはもちろん女性にも言える事だと思います。お互いが、一緒にいる事で相乗効果を期待できるだと、恋愛に発展しやすいと思います。