婚活で出会った苦手な男性にありがちな行動・特徴!「上から目線で話す」「歩く歩幅を合わさない」

最近婚活で出会った人とお食事に行ってきました。婚活で初めて会ったときは穏やかな人に感じたけど、もう一度会ってお話しすると「あらら…。」と思ってしまったことが。けっこう上から目線で話してしまうところがあるんだなと。苦手だと思ってしまいました。

自分が詳しくない話を聞かれたので「そのことは知らないな。」と言うと「えっ、本当に知らないの!けっこうこれ有名なんだけどね~。」とあきれを含んで言われて嫌な気持ちになりました。人それぞれ知らないことがあって自然だと思うんですが。失礼なことを言う人なんだなと思いました。

また、その後外を歩いたんですが、自分だけずんずん先に歩いて行ってしまいました。わたしはその後ろを追いかけるように歩きました。会うのはこれで2回目だし、「もう少しゆっくり歩いてほしい。」と会って間もない人にお願いしづらく、結局言えませんでした。

その後、また会おうと連絡が来ましたが会いたいと思えなくて断りました。

女性は上から目線で言われるとムッとしたり、嫌な気持ちになる人が多いとわたしは思っています。男性は「なんだそんなことくらいの言い方で。」と思われる方もいるかもしれませんが、女性は言い方を気にする人は多いです。

女性もそれぞれ男性の好みはあるので女性全員がそうとは言い切れないけど、上からものを言う人よりも、優しく話してくれる人の方が安心感を持てたり、好感を持つ女性が多いと思います。

また、歩くとき女性を置いてひとりだけ先にずんずん歩いて行かれるのは、女性からしたらなかなか辛いものです。男性の歩く速さについて行くのは大変です。男性はそんなつもりはないのかもしれないけど、女性からしたら気遣いができない人なのかな、周りのことをよく見れない人なのかな、と思ってしまいます。

特に出会ったばかりのときにこれをしないように要注意です。会ったばかりのときは女性も遠慮があり「こうしてほしい。」となかなかお願いがしづらいもの。「もう少しゆっくり歩いて。」とお願いできない人もいます。

上から目線で話さないこと、歩く歩幅を合わせてあげること、をしてあげると女性は好感を持つ人が多いと思います。

せっかくの出会いをモノにしたいなら、この2つに気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です