「女性と仲良くなりたい」と思っている男性の方に、女性と話をする際に心がけて置くと良いこと

「女性と仲良くなりたい」と思っている男性の方に、女性と話をする際に心がけて置くと良いことをお話しします。

まず、女性が話し始めたらその話は聞きましょう。

途中で話を変えたり、「俺はさ~」と自分の話にしてはいけません。

女性が嫌がる男性の特徴として「話を聞かない」ということが挙げられます。

自分の話で人の話を乗っ取ってしまうなんてもっての外です。

女性と何か話をしたいと思う場合は、最初は女性の日常生活について質問をしましょう。

趣味、休日はどうしているのか等、相手に興味がある、ということが伝わる質問が大切です。

人と付き合う上で趣味は非常に重要ですので、知っておいて損はありません。

また、そこから話が弾む場合もありますし、趣味程度なら聞かれても不快に思う女性はいません。

この時に避けるべき質問は、家族構成、一人暮らしか実家暮らしか、ということです。

このような質問は遊びとして付き合いやすいか(一人暮らしなら付き合いやすいけど、実家暮らしなら付き合いにくい等」)ということを図るための質問としても捉えられます。

本当に相手に興味があるならば、実家暮らしでも関係ないですよね。

他意がなかったとしても、女性にとっては「だから何?」「それを知ってどうするの?」となりかねません。

そして大切なことは、夜遅くに女性と会う場合は、彼女が帰る時に必ず駅などまで送りましょう。

どれだけ口説いても、お店で「さようなら」では彼女に好意を抱かれませんし、抱かれていたとしてもそれですべてが無になります。

彼女が車で帰るならば駐車場まで、電車で帰るならばせめて駅まで。

彼女の家が遠い場合は、彼女の最寄りの駅まで送って行っても良いと思います。

本当は家まで送りたいところですが、「自分の家を調べようとしている」「家に上がろうとしている」と誤解されては意味がありませんので、「最寄り駅まで送るよ」と言い、彼女の反応を見ましょう。

鈍感な彼女なら「なんで最寄り駅まで?」と思う女性もいるかもしれませんので、「本当は家まで送りたいところだけど、自分は誠実な人間だと信じてもらいたいから」などと付け加えると好感度はアップします。

口説く時は話す内容だけではなく、行動も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です