「出会いが欲しい」と口では言うのに本当は結婚願望がなさそうな男は、結婚への不安とメリットの無さをうじうじ考える

現在30歳の既婚女性です。最近の男性を見ていて、そんなんで本当に結婚願望あるのかなと思う事がよくあります。

彼らは「出会いが欲しい」と言いますが、実際のところ、その出会いを結婚に結びつける気は無いように思えます。

同じ会社の男性達を見ていて、彼女に振られる共通点は皆同じ「女性に何のメリットもない付き合い」もしくは「何のメリットもなさそう」だと思われる行動をしている事です。

例えば、すごく好きな子がいるのにその子に全然連絡をしない、そして少ない連絡でやっとご飯を行く約束を取り付けたのに、ご飯は予約せずに行き、連れ回して、最終的に割り勘など、突っ込みどころ満載です。

また、付き合ったとしても、忙しくてなかなか会えない中でも彼女は付き合いを続けているのに「結婚への不安」を1人でずっとうじうじ考え、プロポーズしません。最近の女性は、まず他からもアプローチのある女性や1人でも稼げる能力がある女性はわざわざ我慢してまで頼りない男性に寄り添う事はしません。

たとえ、忙しいとか低収入などの悪い点があったとしても、自分を大切にしてくれるかも、この人となら家族を作りたいという思いが付き合い、または結婚へと突き動かすのです。

女性は、子供を育てる期間があるので、「自分を大切にしてくれる」人がその先にある「子供を大切にしてくれ、安心して家族を形成できる」と思うのでそういう人が好きです。

連絡をしたり、記念日などを大切にお祝いしたりする事はとても大切な事です。よく、結婚したいくせに振られると文句ばかり言っている男性がいますが、そういう男性に限って「男性は結婚に何のメリットもない」などと言ってますが、そういう男性に対してメリットがないのは女性も同じです。

収入が少なければ「あなたの事が好きです」という心意気を見せ、せめて家事くらいはできるようになりましょう。また、現代では先に結婚した友人などの「共働きなのに家事はほとんど女性」の不満も知っているので、そういう苦労しそうな人は外します。

自分の視点からではなく、是非女性側に立って見て欲しいです。また、それはもちろん女性にも言える事だと思います。お互いが、一緒にいる事で相乗効果を期待できるだと、恋愛に発展しやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です